エアコンは使い方やメンテナンス方法によっても消費電力や寿命が変わります。

 

やり方

 

夏の冷房と冬の暖房がメインですので、無料のメンテナンスは、その間の使わない期間を利用します。

 

まず最初の無料メンテナンス方法は、室内機の正面についているフィルターを取り外してほこりと油分を中性洗剤を使用してきれいに洗い流すメンテナンス方法です。

 

フィルターを外すとアルミフィンがありますので、ほこりが多く付着しているようでしたら、アルミフィンに軽く触れる程度にして掃除機でほこりを吸い取ってメンテナンスしてください。

 

お手入れ,方法

 

このメンテナンス作業は掃除機をエアコン付近まで持ち上げたりしなければなりませんので、デリケートなアルミフィンの保護のためにもムリには行わないようにしてください。

 

次の無料メンテナンスとして、室内機の吹き出し口周囲の内側があります、ここは、ほこりやカビが付きやすいところですので、吹き出し口の風向調節のプラスティックフィンを傷めない程度に割りばしなどで布を包みながら見える範囲の内部を拭いていくというメンテナンス方法です。

 

室内機の表側を中性洗剤を薄めた水で絞った布を使ったメンテナンスを行い、全体的に噴き上げまう。このときにエアコンまで高さがある場合が多いので、椅子などを使うときは揺れないように足元がしっかり安定してからメンテナンスをしてください。

 

お手入れ

 

室外機の無料メンテナンスとしては、室外機周囲を改めてチェックして、大きな冷却ファンの周囲に物が置いていないかなどを確認して風通しを良くしてください。

 

マンションでお使いの場合の無料メンテナンス方法としては、バルコニーに普段使わないものを置く場合が多いですので、気づかないうちに冷却ファンを塞いでいたら整理するようにしてください。

 

また、一戸建てのエアコンの無料メンテナンスの場合も物を置いたり、周囲の木が夏場に成長していつの間にか室外機を覆ってしまっているなんてこともありますので、定期的に確認するようにしてください。

 

そして、室外機は湿気を避けたところに設置し、雑草などが覆う場合はこまめに取り除くようにしてください。

 

その他の無料メンテナンスとしては、冷房の時は設定温度を高めに設定する、扇風機も使う、暖房の時は設定温度を低めに設定する、風量は自動にしてモーターに必要以上の負荷をかけないなどありますが、あまり意識し過ぎると快適性が損なわれますのでバランス良くエアコンを使いこなしてください。

 

最後に費用がかかるエアコンのメンテナンスですが、エアコン内部の洗浄清掃や、配管の保温のために保護カバーの装着も有効な方法です。

 

エアコンの消費電力を削減する技術はシーズンごとに進んでいます。

 

10年以上前と現在では電気代が半分近く安くなっている場合があり、一般的な家庭で夏と冬にエアコンを使うとすると年間2万円位も違いがあるケースもあるのです。

 

きれい,掃除

 

なので、力技のエアコンのメンテナンス方法になりますが、今お使いのエアコンは何年使用しているか、これから何年使用できるか、そして、これからの使い方はどうかを、コストを含めてトータルでお考えになって、今どの方法が最適か決めるのも大切ではないでしょうか。

 

ページの先頭へ戻る